トップ / 低コストでパンフレット作り

パンフレット作りの極意

低コストでパンフレット作り

印刷を低コストにする方法

ネットで価格を比較するだけでは、学祭パンフレットを低コストにはできません。むしろ「どこまで自力で編集可能?」の判断が重要です。

・ネット印刷の罠、業者選び
ネット印刷・通販印刷・オンデマンド印刷、いろんな呼び名があり、非常に安価です。
しかし「刷るだけ」なので、AiやPDFで完全データの入稿が求められます。

一方、街の印刷屋さんは、学生が投げ出したメモ束からでも、どうにか学祭パンフレットに仕上げてくれます。
つまり、割付・ノンブルなど「編集作業」「版下製作費」が含まれることで価格差になるのです。

ただし、印刷屋さんも実は、ネット印刷を利用している場合があります。
「中間マージンを上乗せしているだけ」か「編集デザインを含む」かの見極め、交渉が必要です。

・自力編集のノウハウ
学園祭パンフレット編集で、絶対に避けたい方法は「全体像を決めず、出展団体に1頁ずつ白紙を配る」ことです。
スペースを埋める下手なイラストやアニメ画、一気に学生っぽくなります。

広告取りと同様に、フォーマットやテンプレートの準備が大事です。
たとえば、欲しいコンテンツを試作、文字を「□」に打ち換えてマス目にし、2倍か4倍に拡大した「記入用紙」を配ると、スピードや品質が飛躍的に向上します。

情報密度が高く、書式が統一されると「プロらしい」仕上がりになります。
密度を高めるには重複を避けましょう。
たとえば「全体のイラストマップに説明文」かつ「個々の企画の説明文にもイラスト」は重複になります。
「そうしないと埋まらない」なら、ページ割りの段階で失敗かもしれません。

・「インデザインが使える」に注意
インデザインを使える、編集したい、という人が、名乗りを上げるでしょう。
しかし「1頁のグラフィックを手掛ける」または「予算で私物を買わせる」しか頭にない場合も考えられます。

数十ページの編集を甘く見てはいけません。
表紙やテンプレを作らせ、出展者からはワードで入稿、それをPDFにまとめる作業をしてもらうと負担が軽くなりますよ。